一期一会

  • HOME
  • まるもち家ブログ

 
私の知る限りではありますが、世界で最も紅葉の美しい時期となりました。
伏見稲荷大社に観光に訪れる方も一段と増えてまいりました。

皆様ご機嫌いかがでしょうか。

大変お恥ずかしい事ですが、私は客商売をしていながら相当な人見知りの人間でございます。
馴れ親しんだお客様なら自然体でお話しできるのですが、一見のお客様には未だ少々緊張しているのです。

年齢的にも出会いというものは少なからずあるのですが、本当に親しくさせて頂くまでには時間がかかりますので、良き出会いと言えるまでの人は一握り程度なのです。

そんな中、ふとあるところで良き出会いを致しました。

私より約二回り年上の長崎の会社を経営されている方でした。
その方はとても気さくに接して頂きいろいろなお話を聞かせて頂きました。
若い頃から大変な苦労をされ、何十年もかけ地元で磐石な基盤と信頼を築かれております。

地元への貢献や人材の育成を、ご自分の事業でなされている方でございました。
一個人の利益の前に社会の利益を願い行ってきた事が大樹へと育ち、果実となってご自分の元へと還ってこられているような方でした。

すぐそばにある目先の得をとらない生き方は、けっして世渡りが器用とは言えぬものです。
しかし言い方を変えれば、愚直に信念を曲げずやってこらたという事でございます。

流行り廃りは時と共に移り変わりますが、正しさというものは永劫に不変のものなのです。
一時の損得に振り回されずに信念を貫く生き様をお聞きして、私は心の震えを感じました。

大きい小さいは別として、長く続く企業とはそういうものなのでょう。
創業者のそういった信念が、その企業の血肉となり、次の世代にまで引き継がれるのではないでしょうか。

器用で無くとも良い。

不器用でも正しさを貫けるようありたい。
一期一会の出会いを通じて、改めて胸に刻ませて頂きました。

このような出会いを大切にし、いつの日か私自身も、お預かりした一期一会の恩恵を次の世代へと渡せるようになれれば、と思いました。
店主のひとり言 | 01:29 PM | comments (x) | trackback (x)